• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プライド捨て…横綱稀勢の里が宮城野部屋に初出稽古の背景

 半眼開きの寝ぼけ横綱、ようやく覚醒か。

 7場所連続休場中の稀勢の里(32)は2日、九重部屋で白鵬(33)と三番稽古を行い、「目が覚めたような感じ」と話していた。すると3日にさっそく、白鵬のいる宮城野部屋に出稽古に赴いたのだ。

 白鵬との相撲こそかなわなかったものの、それでも胸を借りてぶつかり稽古を行った稀勢の里は、

「昨日の稽古で感覚とスピードが出てきた気がしたので今日もと思った」

 と、満足げ。宮城野部屋への出稽古は自身初。なりふり構っていられないのだろう。

 稀勢の里は大関時代からさまざまな親方に、「強い力士のところに出稽古に行かないと強くなれないぞ」と、耳にタコができるほど言われていた。しかし、ライバルと見定めていた白鵬の元に赴くのはプライドが許さなかった。それが出稽古先でたまたま白鵬とかち合い、向こうから「稽古しよう」と声をかけられて胸を合わせた。遅すぎたとはいえ、自分に足りないものが何か、ようやく気付いたようだ。

 もっとも白鵬にすれば、7月場所は休場濃厚とみられる稀勢の里の状態がわかれば、それでよし。7月場所で当たらないであろう相手と相撲を取る必要はない。ぶつかり稽古のみであしらったのも当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る