プライド捨て…横綱稀勢の里が宮城野部屋に初出稽古の背景

公開日:

 半眼開きの寝ぼけ横綱、ようやく覚醒か。

 7場所連続休場中の稀勢の里(32)は2日、九重部屋で白鵬(33)と三番稽古を行い、「目が覚めたような感じ」と話していた。すると3日にさっそく、白鵬のいる宮城野部屋に出稽古に赴いたのだ。

 白鵬との相撲こそかなわなかったものの、それでも胸を借りてぶつかり稽古を行った稀勢の里は、

「昨日の稽古で感覚とスピードが出てきた気がしたので今日もと思った」

 と、満足げ。宮城野部屋への出稽古は自身初。なりふり構っていられないのだろう。

 稀勢の里は大関時代からさまざまな親方に、「強い力士のところに出稽古に行かないと強くなれないぞ」と、耳にタコができるほど言われていた。しかし、ライバルと見定めていた白鵬の元に赴くのはプライドが許さなかった。それが出稽古先でたまたま白鵬とかち合い、向こうから「稽古しよう」と声をかけられて胸を合わせた。遅すぎたとはいえ、自分に足りないものが何か、ようやく気付いたようだ。

 もっとも白鵬にすれば、7月場所は休場濃厚とみられる稀勢の里の状態がわかれば、それでよし。7月場所で当たらないであろう相手と相撲を取る必要はない。ぶつかり稽古のみであしらったのも当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る