微妙な立ち会いで連勝 白鵬“第3の武器”が角界に及ぼす弊害

公開日:

 これがヒジ打ち、張り差しに続く「第3の武器」なのか。

 初日から2連勝の横綱白鵬(33)。しかし、その相撲内容はというと、決して褒められたものではない。

 昨9日の2日目は立ち合いから速攻を仕掛けて正代を圧倒するも、手つき不十分で不成立となり取り直し。ここで反省し、きちんと手をつくのかと思いきや、再び微妙な手つきで正代を寄り切った。

 これにはラジオ解説の舞の海氏も「2回目も立ち合い不成立を取られてもおかしくなかった」と、話している。

 当の白鵬は「昔よりお腹が出たから土俵から手が遠くなったのかな」と冗談めかしたが、何をか言わんや、だ。ある親方が言う。

「立ち合いは、きちんと両手を土俵につけるのが基本。中には手を浮かせておいて、行司が『はっけよい、残った!』と叫ぶタイミングで、手を土俵にかすらせながら前に出る力士もいる。本来の相撲からはかけ離れているが、しっかり手をつくより早く立ち上がれるメリットがある。昔の大相撲は立ち合いの手つきがいい加減だった。千代の富士さんの全盛期などはそれが顕著。特に小兵力士はパワー不足を補うため、まともに手をつかない力士が多かった。当時に比べれば現在はマシになっていますが……」

 横綱といえば、土俵の第一人者。それが反則まがいの相撲を取っているのだから、「横綱だって手をついてないんだし……」と、マネをしたり、注意されても改善しない力士だって出てくるだろう。

 白鵬は相撲教習所からやり直した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る