C・ロナウドのユーベ移籍でトランプ大統領ガッカリのワケ

公開日:

 移籍先に注目が集まっていたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の新天地が決まった。

 今季まで所属したRマドリードは10日(現地時間)、イタリア・セリエAのユベントスとの間で合意に達したと発表。複数の欧州メディアによれば、移籍金は1億ユーロ(約135億円)で、年俸は3000万ユーロ(約39億円)の4年契約だという。

 C・ロナウドは3連覇を達成した今年5月のチャンピオンズリーグ決勝後に、今季限りでの退団を示唆。クラブに対して、16年11月に交わした5年総額247億円の契約見直しを要求していたが、交渉は決裂。リーグ8連覇を目指すユベントスが早くからロナウド獲得に動いていた。

 5度のバロンドール受賞のC・ロナウドを巡っては米サッカーリーグ・MLSへの移籍も噂されていた。以前から、C・ロナウドはトランプ米大統領と親交が深い。15年に、ニューヨーク・マンハッタンにそびえる高級マンション「トランプタワー」の最上階を約22億円で購入したのも、将来的にMLSでのプレーを見据えているともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る