• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出場枠拡大前倒しか? FIFAが“忖度”する中国マネー918億円

 ロシアW杯で中国が存在感を見せている。といっても、広告の話だ。スタジアムの看板や公式インタビューの背後に映し出される漢字表記のスポンサーのロゴが話題になっている。中国は今大会に未出場ながら、いずれも中国企業のもので、日本企業は一つもない。

 W杯のスポンサー契約は3種類ある。最上位スポンサーである「FIFAパートナー」は、飲料大手のコカ・コーラなどの世界的企業に加え、中国不動産大手の「大連万達集団」が新たに加わった。スポンサー料は1社年間約200億円とされる。

 1大会ごとに契約する「FIFA W杯スポンサー」には、東芝のテレビ事業を買収した家電大手「海信」、乳製品メーカー大手「蒙牛」、通信業「維沃移動通信」が参入。料金は100億円前後だ。

「アジア地域スポンサー」には、アパレル企業「帝牌」、バイクメーカー「雅迪集団」、娯楽企業「LUCI」の3社が名を連ね、それぞれ約22億円となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る