出場枠拡大前倒しか? FIFAが“忖度”する中国マネー918億円

公開日:

 ロシアW杯で中国が存在感を見せている。といっても、広告の話だ。スタジアムの看板や公式インタビューの背後に映し出される漢字表記のスポンサーのロゴが話題になっている。中国は今大会に未出場ながら、いずれも中国企業のもので、日本企業は一つもない。

 W杯のスポンサー契約は3種類ある。最上位スポンサーである「FIFAパートナー」は、飲料大手のコカ・コーラなどの世界的企業に加え、中国不動産大手の「大連万達集団」が新たに加わった。スポンサー料は1社年間約200億円とされる。

 1大会ごとに契約する「FIFA W杯スポンサー」には、東芝のテレビ事業を買収した家電大手「海信」、乳製品メーカー大手「蒙牛」、通信業「維沃移動通信」が参入。料金は100億円前後だ。

「アジア地域スポンサー」には、アパレル企業「帝牌」、バイクメーカー「雅迪集団」、娯楽企業「LUCI」の3社が名を連ね、それぞれ約22億円となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る