• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出場枠拡大前倒しか? FIFAが“忖度”する中国マネー918億円

 ロシアW杯で中国が存在感を見せている。といっても、広告の話だ。スタジアムの看板や公式インタビューの背後に映し出される漢字表記のスポンサーのロゴが話題になっている。中国は今大会に未出場ながら、いずれも中国企業のもので、日本企業は一つもない。

 W杯のスポンサー契約は3種類ある。最上位スポンサーである「FIFAパートナー」は、飲料大手のコカ・コーラなどの世界的企業に加え、中国不動産大手の「大連万達集団」が新たに加わった。スポンサー料は1社年間約200億円とされる。

 1大会ごとに契約する「FIFA W杯スポンサー」には、東芝のテレビ事業を買収した家電大手「海信」、乳製品メーカー大手「蒙牛」、通信業「維沃移動通信」が参入。料金は100億円前後だ。

「アジア地域スポンサー」には、アパレル企業「帝牌」、バイクメーカー「雅迪集団」、娯楽企業「LUCI」の3社が名を連ね、それぞれ約22億円となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る