中日・高橋周平 “脱スポンジタイプ”で見えた7年目の正直

公開日: 更新日:

【未完の大器】

 そういわれて6年が経った。中日・髙橋周平(24・内野手)は2011年、3球団競合の末に中日にドラフト1位で入団。ドラフト制以降最年少の18歳4カ月でプロ初本塁打を放ち、デビューこそ華々しかったが、そこから伸び悩んだ。しかし、今季は二塁手に定着し、ここまで73試合で打率.264。得点圏打率はリーグ5位.344と勝負強さも発揮し、「7年目の正直」が見えてきた。

 今年の春季キャンプから波留打撃コーチが付きっ切りで指導。居残り特打では、タイミングの取り方の矯正に時間を割いた。波留コーチが取り入れたのは「エアバスター」。バスターをイメージしてバットを出すことで、最短距離でムダのないスイング軌道をつくり出した。

「あいつはタイミング取るのがヘタクソやからね。ずっとそこしか言っていない。でも、タイミングの取り方だけは教えようがないから難しい。何かを掴んでくれたら」(波留コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る