中日・高橋周平 “脱スポンジタイプ”で見えた7年目の正直

公開日:

【未完の大器】

 そういわれて6年が経った。中日・髙橋周平(24・内野手)は2011年、3球団競合の末に中日にドラフト1位で入団。ドラフト制以降最年少の18歳4カ月でプロ初本塁打を放ち、デビューこそ華々しかったが、そこから伸び悩んだ。しかし、今季は二塁手に定着し、ここまで73試合で打率.264。得点圏打率はリーグ5位.344と勝負強さも発揮し、「7年目の正直」が見えてきた。

 今年の春季キャンプから波留打撃コーチが付きっ切りで指導。居残り特打では、タイミングの取り方の矯正に時間を割いた。波留コーチが取り入れたのは「エアバスター」。バスターをイメージしてバットを出すことで、最短距離でムダのないスイング軌道をつくり出した。

「あいつはタイミング取るのがヘタクソやからね。ずっとそこしか言っていない。でも、タイミングの取り方だけは教えようがないから難しい。何かを掴んでくれたら」(波留コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る