• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨季右翼定位置を奪取 ソフトB上林は左腕殺しの“毒舌家”

【左腕殺し】

 ソフトバンク5年目の上林誠知(外野手・22歳)は左打者だが、左腕から3割以上打っている「左殺し」。藤本打撃コーチは、「入団してきた当初から、左腕には強かった」と、こう話す。

「左打者の上林が左投手を得意としている理由は、右肩の使い方です。背中側から入ってくるボールを見極めようとすると、どうしても上体が開きがちになるが、上林は右肩を開かず、ぐっと止めている。体勢が崩れないので、しっかりとボールを仕留められるのが強みです」

 昨季はプロ4年目で初の開幕一軍。前半戦はバットで快音を連発、オールスターにもファン投票で選出された。が、体力不足もあって終盤に失速。工藤監督の印象も悪くなり、左投手のときは代打を出されるなどの屈辱を味わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る