2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

公開日:

 日大アメフト部の新監督に立命館大元コーチの橋詰功氏(54)が内定した。日大は同時にチーム改善報告書を関東学生連盟に提出。辞任した内田正人前監督(62)によるワンマン体制の払拭に努めている。

 悪質タックルを選手に指示したとされる内田氏は、“逆ギレ”の迷司会者でミソをつけた5月23日の釈明会見以降、公の場に現れていない。雲隠れを続ける中、現在は何をしているのか。

「お金を巡って、日大側ともめているそうです」と言うのは、日大の元評議員のひとりだ。こう続ける。

「悪質タックル問題は刑事告訴に発展。内田氏も事情聴取の対象となり、逮捕の可能性まで叫ばれていました。内田氏は基本的に小心者で、刑事告訴には相当、ビビったようで、今後の対応について都内の弁護士に何度も相談していたといいます。ところが、その相談費用として、とてつもない金額を請求されたらしく、日大側に負担を求めたというのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る