2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

公開日: 更新日:

 日大アメフト部の新監督に立命館大元コーチの橋詰功氏(54)が内定した。日大は同時にチーム改善報告書を関東学生連盟に提出。辞任した内田正人前監督(62)によるワンマン体制の払拭に努めている。

 悪質タックルを選手に指示したとされる内田氏は、“逆ギレ”の迷司会者でミソをつけた5月23日の釈明会見以降、公の場に現れていない。雲隠れを続ける中、現在は何をしているのか。

「お金を巡って、日大側ともめているそうです」と言うのは、日大の元評議員のひとりだ。こう続ける。

「悪質タックル問題は刑事告訴に発展。内田氏も事情聴取の対象となり、逮捕の可能性まで叫ばれていました。内田氏は基本的に小心者で、刑事告訴には相当、ビビったようで、今後の対応について都内の弁護士に何度も相談していたといいます。ところが、その相談費用として、とてつもない金額を請求されたらしく、日大側に負担を求めたというのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る