2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

公開日: 更新日:

 日大アメフト部の新監督に立命館大元コーチの橋詰功氏(54)が内定した。日大は同時にチーム改善報告書を関東学生連盟に提出。辞任した内田正人前監督(62)によるワンマン体制の払拭に努めている。

 悪質タックルを選手に指示したとされる内田氏は、“逆ギレ”の迷司会者でミソをつけた5月23日の釈明会見以降、公の場に現れていない。雲隠れを続ける中、現在は何をしているのか。

「お金を巡って、日大側ともめているそうです」と言うのは、日大の元評議員のひとりだ。こう続ける。

「悪質タックル問題は刑事告訴に発展。内田氏も事情聴取の対象となり、逮捕の可能性まで叫ばれていました。内田氏は基本的に小心者で、刑事告訴には相当、ビビったようで、今後の対応について都内の弁護士に何度も相談していたといいます。ところが、その相談費用として、とてつもない金額を請求されたらしく、日大側に負担を求めたというのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る