悪質タックル口封じ画策 日大の財務を握る“黒幕”の正体

公開日:

「タックルが故意に行われたものだと言えばバッシングを受けるよ」――。日大アメフト部の選手を呼び出し、口封じを図った黒幕の「日大関係者」とは誰なのか。日大が悪質タックル問題の原因究明に向けて設置した第三者委員会。先週末の中間報告で“ヤメ検”弁護士の勝丸充啓委員長が糾弾したのは、あからさまな隠蔽工作だ。

 日大の関係者らが「黒幕はあの人に違いない」と声を揃えるのは、日大理事の井ノ口忠男氏である。本人は口封じの意図を否定しているというが、日大アメフト部OBで、内田正人前監督とは1学年後輩で一緒にプレーした仲。現役時はローバー(守備)でキャプテンを務め、日本代表にも選ばれたこともある。

「1979年の卒業後は大阪でビジネスを展開。2003年には『チェススポーツ』という会社を立ち上げ、代表としてゴルフ用品などを販売し、キタの一等地である堂島に自社ビルも構えています。日大の田中英寿理事長に取り入ったのは、10年くらい前かな。『理事長付相談役』の名刺を持ち歩いていました」(日大の元評議員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る