• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

裏切りの6敗目 オリ金子がオフに払う「4年20億円」のツケ

 何のために高いカネをもらっているのやら。

 24日の西武戦に先発したオリックスの金子(34)が、5失点で七回途中KO。今季6敗目(4勝)という体たらくだ。

 そこで気になるのが、この右腕の去就だ。4年20億円の巨額契約は、今季が最終年。このままでは大幅ダウンは免れないどころか、そもそも契約してもらえるかどうか。

 金子は2014年オフ、ポスティングでのメジャー移籍を要求した上で、その年に取得した国内FA権を行使するという前代未聞の荒業に打って出た。結果的にオリックスから破格の条件を引き出すことに成功し、条件のつり上げだ、と周囲から白い目で見られた。

 しかも、残留翌年の15年に7勝6敗と大きく期待を裏切ると、16年は7勝9敗、そして昨季は12勝8敗。とても年俸5億円に見合う働きをしていない。契約でしてやられたオリックスにしてみれば、たまったもんじゃないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る