裏切りの6敗目 オリ金子がオフに払う「4年20億円」のツケ

公開日:

 何のために高いカネをもらっているのやら。

 24日の西武戦に先発したオリックスの金子(34)が、5失点で七回途中KO。今季6敗目(4勝)という体たらくだ。

 そこで気になるのが、この右腕の去就だ。4年20億円の巨額契約は、今季が最終年。このままでは大幅ダウンは免れないどころか、そもそも契約してもらえるかどうか。

 金子は2014年オフ、ポスティングでのメジャー移籍を要求した上で、その年に取得した国内FA権を行使するという前代未聞の荒業に打って出た。結果的にオリックスから破格の条件を引き出すことに成功し、条件のつり上げだ、と周囲から白い目で見られた。

 しかも、残留翌年の15年に7勝6敗と大きく期待を裏切ると、16年は7勝9敗、そして昨季は12勝8敗。とても年俸5億円に見合う働きをしていない。契約でしてやられたオリックスにしてみれば、たまったもんじゃないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る