裏切りの6敗目 オリ金子がオフに払う「4年20億円」のツケ

公開日:

 何のために高いカネをもらっているのやら。

 24日の西武戦に先発したオリックスの金子(34)が、5失点で七回途中KO。今季6敗目(4勝)という体たらくだ。

 そこで気になるのが、この右腕の去就だ。4年20億円の巨額契約は、今季が最終年。このままでは大幅ダウンは免れないどころか、そもそも契約してもらえるかどうか。

 金子は2014年オフ、ポスティングでのメジャー移籍を要求した上で、その年に取得した国内FA権を行使するという前代未聞の荒業に打って出た。結果的にオリックスから破格の条件を引き出すことに成功し、条件のつり上げだ、と周囲から白い目で見られた。

 しかも、残留翌年の15年に7勝6敗と大きく期待を裏切ると、16年は7勝9敗、そして昨季は12勝8敗。とても年俸5億円に見合う働きをしていない。契約でしてやられたオリックスにしてみれば、たまったもんじゃないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る