山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

オリ金子に思う “頭髪推移”に似たベテランエースの落日

公開日: 更新日:

 私は虎党だが、阪神以外の球団にも好きな選手はいる。オリックス金子千尋はそのひとりだ。

 彼の魅力は、簡単に言えば痛快さにある。MAX150キロ超のストレートがあるにもかかわらず、オールスターなどの祭典では人を食ったように変化球主体のピッチングをしたり、いつだったかイチローと練習で対戦した際も淡々と変化球で打ち取ったり、なんというか球界に古くからはびこる「真っ向勝負=ストレート一本やり」といった安直な風潮に乗らないところがいい。変化球を得意とする投手が、変化球で勝負することは邪道でも逃げでもない。それこそが自分にとっての真っ向勝負だ。そう主張するかのようなリベラルさが、私には魅力的なのだ。

■安直な風潮に乗らない

 ちなみに、先述したイチローとの対戦では、当時オリックスに在籍していた清原和博が「ストレートで勝負せなあかんやろ!」と金子に苦言を呈したという。いかにも昭和の高校球界で育った清原らしいヤンキーイズムあふれる言葉だが、私はなぜダメなのかわからない。投手には本格派から技巧派まで多様なタイプがいて、だからこそ野球の奥深さがわかるはずなのに、それを恣意的に簡略化するのは野球の魅力をそぎ落とす行為だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る