オリの逆転Vあるか 交流戦で繰り広げられる“チキンレース”

公開日: 更新日:

 これだから交流戦は面白く、そして怖い。

 写真はセの首位広島を本拠地に迎え、今季初めて同一カード3連勝を果たしたオリックスベンチ。14日は広島の左腕フランスアに対し、吉田正以外は全員右打者を並べる攻撃的布陣。これが功を奏し、フランスアを六回途中4失点でKOした。この3連戦は計24点と打ちまくり、単独3位浮上を果たした。

 このあおりを食ったのが“常勝”ソフトバンク巨人に敗れ、こちらは4位に落ちてしまった。

 前日までオリックス、西武、ソフトバンク、ロッテのパ4球団は、交流戦でいずれも8勝5敗と併走していた。それがこの日はオリックス以外は敗れたのだから、まるでチキンレースさながら。

 交流戦の順位も2位のオリックスは、首位ヤクルトと2ゲーム差。奇跡の逆転Vもあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る