2段モーションを1週間で修正 西武・菊池“驚異の適応力”

公開日:  更新日:

 一発解答で楽天打線をねじ伏せた。

 8月17日の楽天戦で2段モーションを取られ、反則投球問題に揺れていた西武の菊池雄星(26)。昨31日の楽天戦では、そうした騒動を一蹴するかのような快投を見せた。

 この日は上げた足を一度も止めずに豪快に振り下ろす新フォーム。初回、オコエに先頭打者弾を浴びたものの、9回2失点の完投勝利。ハーラートップタイの13勝目(6敗)を挙げると同時に、西武2位浮上の立役者となった。

 2度目の反則投球を指摘されてから、わずか1週間で修正。これに舌を巻くのが、メジャー球団だろう。ある代理人筋は「この適応力、修正力はメジャー向きです」と、こう話す。

「日本からメジャーに挑戦する選手の多くが苦戦するのが、環境の違い。マウンドの高さや硬さ、ボールの違い、移動距離、時間など挙げればキリはないが、『同じ野球だから』で片付く問題ではない。それでも投手にとって最も大事なフォームをスパッと変えることができたのならば、ボールやマウンドへの適応も期待できる。菊池にとってもメジャー球団へのいい売り込みになったし、メジャー側も懸念が1つ解消されたでしょう」

 菊池は来季も2ケタ勝利なら、球団からポスティングの許可が出るという。メジャー球団が手ぐすね引いて、西武のエースを待ち構えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る