天敵メッセから4点奪取も…露呈したヤクルトの詰めの甘さ

公開日:

 天敵はとらえた。

 29日、ヤクルトが阪神の先発メッセンジャーから五回までに4点を奪った。通算20敗、昨季から4連敗中の助っ人エースを打つには打った。

 打線の「メッセアレルギー」に、宮出打撃コーチは詳しい内容を「秘密」としたうえで、こう話していた。

「スコアラーと相談して、これまでと違った攻め方や戦術でいこう、という話はしました」

 今季初対戦を控えた4月末には対策も講じていた。身長198センチのメッセンジャーが繰り出す角度のある球に慣れさせるため、石井打撃コーチの提案で192センチの宮出コーチが打撃投手に。元投手の経歴を生かし、200球以上を投げ込んだこともあった。

 そんな労力がようやく奏功してメッセから4点を奪ったものの、後がピリッとしなかった。中継ぎの風張が八回に勝ち越し打を許すと、ウルキデス、中尾の炎上で九回に大量5失点。

「メッセンジャーの攻略はそう簡単にはいかないけど、(無死満塁から無得点だった四回に)何とかしてほしかった」とは試合後の小川監督。打つには打ったが完全に仕留められなかったことが敗因というのだ。せっかく完済した借金はまた1になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る