山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

パの4番はなぜ中田翔? オールスター第1戦での違和感

公開日: 更新日:

 プロ野球・オールスターの様相は本当に変わった。今は交流戦があるため、リーグの垣根を越えた「夢の対決」に説得力を感じなくなり、各チームのスターが同じベンチに居並ぶ光景も国際試合で見慣れてしまった。

 それに反して、かつてのオールスターは本当にワクワクしたものだ。特に印象的だったのは西武清原和博巨人桑田真澄の、いわゆるKKが初めてオールスターで対峙した1987年の第3戦。当時19歳の桑田が投じたインハイのストレート(ボール気味だった)を、同じく19歳の清原が見事に打ち砕いて、2人の聖地ともいえる甲子園のレフトスタンドにホームランを放った。

 今の球界の仕組みを考えると、ああいう緊張感は二度と戻ってこないのだろう。それは確かに寂しいことだが、同時にこれからは新しい楽しみ方を見つけるしかない、という思いにも駆られる。

 今年のオールスター第1戦。セ・リーグのラインアップを見ると、4番に座ったDeNAの筒香嘉智のオーラに目を奪われた。いつの間にか、本当に4番らしい貫禄をまとうようになった。ヤクルト山田哲人やバレンティンもいいけれど、「セの4番」という冠にふさわしいのは、なんとなくだけど、確かに筒香だと思えてならない。そういえば、かつてのオールスターには「誰が4番に座るのか?」という打順を見る楽しみもあった。それはまだ生きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る