• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

パの4番はなぜ中田翔? オールスター第1戦での違和感

 プロ野球・オールスターの様相は本当に変わった。今は交流戦があるため、リーグの垣根を越えた「夢の対決」に説得力を感じなくなり、各チームのスターが同じベンチに居並ぶ光景も国際試合で見慣れてしまった。

 それに反して、かつてのオールスターは本当にワクワクしたものだ。特に印象的だったのは西武・清原和博と巨人・桑田真澄の、いわゆるKKが初めてオールスターで対峙した1987年の第3戦。当時19歳の桑田が投じたインハイのストレート(ボール気味だった)を、同じく19歳の清原が見事に打ち砕いて、2人の聖地ともいえる甲子園のレフトスタンドにホームランを放った。

 今の球界の仕組みを考えると、ああいう緊張感は二度と戻ってこないのだろう。それは確かに寂しいことだが、同時にこれからは新しい楽しみ方を見つけるしかない、という思いにも駆られる。

 今年のオールスター第1戦。セ・リーグのラインアップを見ると、4番に座ったDeNAの筒香嘉智のオーラに目を奪われた。いつの間にか、本当に4番らしい貫禄をまとうようになった。ヤクルト・山田哲人やバレンティンもいいけれど、「セの4番」という冠にふさわしいのは、なんとなくだけど、確かに筒香だと思えてならない。そういえば、かつてのオールスターには「誰が4番に座るのか?」という打順を見る楽しみもあった。それはまだ生きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る