山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

関西マスコミの金本阪神“応援激励”一辺倒に強烈な違和感

公開日: 更新日:

 スポーツ新聞の関西版は、そのほとんどが阪神中心の報道をする。

 中でも特に阪神寄りといえば、デイリースポーツが昔から有名だが、実際はそれ以外のスポーツ紙も1面を阪神ネタで飾ることが多い(報知を除く)。大阪のコンビニなんかで新聞ラックを見ていると、こんなに横並びの報道で関西人は満足するのか、と首をかしげたくなる。

 そんなスポーツ紙の阪神担当記者(これがまた大勢いる)と会って話を聞いていると、彼らの口から「与党と野党」という言葉が飛び出すことがしばしばある。与党とはすなわち、阪神を何が何でも支持する応援と激励の報道。野党とはすなわち、阪神の問題点を批判・糾弾する言論的な報道のことだという。

 もちろん、新聞には多様な論調や意見があってしかるべきで、それこそが複数媒体を存在させる意義であり、言論空間の秩序でもある。読者にとっても、与党と野党の論調が入り乱れていたほうが自分で物事を考える余地が生まれるだろう。極端に言えば、私は玉石混交でもいいと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る