山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

関西マスコミの金本阪神“応援激励”一辺倒に強烈な違和感

公開日:

 スポーツ新聞の関西版は、そのほとんどが阪神中心の報道をする。

 中でも特に阪神寄りといえば、デイリースポーツが昔から有名だが、実際はそれ以外のスポーツ紙も1面を阪神ネタで飾ることが多い(報知を除く)。大阪のコンビニなんかで新聞ラックを見ていると、こんなに横並びの報道で関西人は満足するのか、と首をかしげたくなる。

 そんなスポーツ紙の阪神担当記者(これがまた大勢いる)と会って話を聞いていると、彼らの口から「与党と野党」という言葉が飛び出すことがしばしばある。与党とはすなわち、阪神を何が何でも支持する応援と激励の報道。野党とはすなわち、阪神の問題点を批判・糾弾する言論的な報道のことだという。

 もちろん、新聞には多様な論調や意見があってしかるべきで、それこそが複数媒体を存在させる意義であり、言論空間の秩序でもある。読者にとっても、与党と野党の論調が入り乱れていたほうが自分で物事を考える余地が生まれるだろう。極端に言えば、私は玉石混交でもいいと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る