山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

関西マスコミの金本阪神“応援激励”一辺倒に強烈な違和感

公開日: 更新日:

 スポーツ新聞の関西版は、そのほとんどが阪神中心の報道をする。

 中でも特に阪神寄りといえば、デイリースポーツが昔から有名だが、実際はそれ以外のスポーツ紙も1面を阪神ネタで飾ることが多い(報知を除く)。大阪のコンビニなんかで新聞ラックを見ていると、こんなに横並びの報道で関西人は満足するのか、と首をかしげたくなる。

 そんなスポーツ紙の阪神担当記者(これがまた大勢いる)と会って話を聞いていると、彼らの口から「与党と野党」という言葉が飛び出すことがしばしばある。与党とはすなわち、阪神を何が何でも支持する応援と激励の報道。野党とはすなわち、阪神の問題点を批判・糾弾する言論的な報道のことだという。

 もちろん、新聞には多様な論調や意見があってしかるべきで、それこそが複数媒体を存在させる意義であり、言論空間の秩序でもある。読者にとっても、与党と野党の論調が入り乱れていたほうが自分で物事を考える余地が生まれるだろう。極端に言えば、私は玉石混交でもいいと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る