• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山根会長が怒りの猛反論 ボクシング連盟は泥沼全面抗争に

 山根会長が自身の出身地である奈良県の選手を大会で勝たせるために、審判に圧力をかけて試合結果を操作。実際に2016年の岩手国体で奈良県連の選手が2度もダウンしながら判定勝ちした例が告発状にも記されている。関係者の間で「奈良判定」と呼ばれる重大疑惑で、指示に従わない審判は恫喝された揚げ句、ライセンスを剥奪されることもあったというから、事実であればとんでもない話である。

 日刊ゲンダイが直撃した現役審判も、

「奈良県の選手が明らかに劣勢だった試合で、このままだと選手の健康にも関わると思い、ストップをかけた。すると試合後、山根会長に『おまえのレフェリングはおかしい!』『なんで負けになるんだよ!』と怒鳴られた。ひたすら『すいません、すいません』と謝るしかなかった。私は直接、『奈良の選手に勝たせろ』と指示を受けたことはありませんが、明らかに周囲の雰囲気でそれはわかりました。奈良の選手が負けると、会長の機嫌が目に見えて悪くなり、翌日のミーティングでは普段より熱を入れて審判を叱咤していましたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る