山根会長が怒りの猛反論 ボクシング連盟は泥沼全面抗争に

公開日:  更新日:

 山根会長が自身の出身地である奈良県の選手を大会で勝たせるために、審判に圧力をかけて試合結果を操作。実際に2016年の岩手国体で奈良県連の選手が2度もダウンしながら判定勝ちした例が告発状にも記されている。関係者の間で「奈良判定」と呼ばれる重大疑惑で、指示に従わない審判は恫喝された揚げ句、ライセンスを剥奪されることもあったというから、事実であればとんでもない話である。

 日刊ゲンダイが直撃した現役審判も、

「奈良県の選手が明らかに劣勢だった試合で、このままだと選手の健康にも関わると思い、ストップをかけた。すると試合後、山根会長に『おまえのレフェリングはおかしい!』『なんで負けになるんだよ!』と怒鳴られた。ひたすら『すいません、すいません』と謝るしかなかった。私は直接、『奈良の選手に勝たせろ』と指示を受けたことはありませんが、明らかに周囲の雰囲気でそれはわかりました。奈良の選手が負けると、会長の機嫌が目に見えて悪くなり、翌日のミーティングでは普段より熱を入れて審判を叱咤していましたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る