現役審判2人が激白 ボクシング連盟「八百長疑惑」の真相

公開日:  更新日:

 日本ボクシング連盟と山根明会長(78)の疑惑は底なしだ。都道府県連盟役員や元選手ら333人が文科省や日本オリンピック委員会(JOC)などに提出した告発状には、実に12もの告発事実が列挙されている。

 アスリート助成金の不正流用から試合用グローブの独占販売による利益の中抜き疑惑、山根会長と連盟幹部の日常的な賭け麻雀の実態までスキャンダルのオンパレードだが、中でも当局が問題視しているとされるのが、「審判不正問題」である。

 山根会長がレフェリーに圧力をかけ、試合結果を不当に操作していたというのは本当なのか。日刊ゲンダイが現役審判員2人に話を聞くと、信じられない事実が明らかになった。

■意に従わぬ審判を恫喝

 一連の騒動で大きな問題になりつつあるのが、公式戦での「奈良判定」だ。山根会長は奈良県の連盟会長を務めていた過去がある。以下、告発状からの抜粋だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る