山根会長が怒りの猛反論 ボクシング連盟は泥沼全面抗争に

公開日:  更新日:

 疑惑のドンが猛反論である。

 都道府県連盟関係者ら333人に告発された日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が昨2日、自身にかけられている嫌疑について、「全部、ウソや!」と全面否定。フジテレビの電話インタビューに答え、「怒りを感じる。これ以上、黙っておられない。受けて立つ」と全面抗争の構えを見せたのだ。

■「奈良判定は絶対にありません」

 先月30日に大腸ポリープ8個の摘出手術を受けたばかりだという山根会長は、療養中とは思えない迫力ある声音の関西弁で「そんなんでへばっとったら法人の会長はやってられない」「そんなおちょくったことを言ってもろたら困るんだよ」とフジテレビ記者の質問に答えた。

 そんなドンが、ひときわ声を大にしたのが、“八百長強要”問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る