山根会長が怒りの猛反論 ボクシング連盟は泥沼全面抗争に

公開日:  更新日:

 疑惑のドンが猛反論である。

 都道府県連盟関係者ら333人に告発された日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が昨2日、自身にかけられている嫌疑について、「全部、ウソや!」と全面否定。フジテレビの電話インタビューに答え、「怒りを感じる。これ以上、黙っておられない。受けて立つ」と全面抗争の構えを見せたのだ。

■「奈良判定は絶対にありません」

 先月30日に大腸ポリープ8個の摘出手術を受けたばかりだという山根会長は、療養中とは思えない迫力ある声音の関西弁で「そんなんでへばっとったら法人の会長はやってられない」「そんなおちょくったことを言ってもろたら困るんだよ」とフジテレビ記者の質問に答えた。

 そんなドンが、ひときわ声を大にしたのが、“八百長強要”問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!