長崎代表・創成館の稙田龍生監督に聞く「請負監督」の実態

公開日:

 9日に登場する創成館(長崎)は2013年春が甲子園初出場の新興勢力。春夏通じて今回が5回目の甲子園とメキメキ力をつけている。指揮を執る稙田龍生監督(54)は同校募集広報室次長。08年に九州三菱自動車野球部監督から転身した請負監督に話を聞いた。

■女房には事後報告です(笑い)

 ――社会人の監督から、高校野球の監督に転職したのは、何かきっかけがあったのですか。

「理事長と共通の知人がいて、その人を通じて『創成館も甲子園に行きたい』と言われたのがきっかけですね。08年は都市対抗の予選で負けてから退職し、その年の9月に就任しました。会社には『都市対抗で負けたら退職します』という旨を伝えていたので、すんなり転職できました」

 ――転職で給料は減りませんでしたか? ご家族の反対などは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る