• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

社会科教諭で副校長も兼務 近江・多賀監督に苦労を聞いた

 7日に登場する近江(滋賀県)は春5回、夏13回の出場を誇る甲子園常連校。2001年夏には準優勝の実績がある。指揮を執る多賀章仁監督(58)は社会科教諭で副校長も兼務している。学校経営にも携わっているのか、苦労はないか、話を聞いた。

 ――現役時代は平安(現龍谷大平安=京都)の一塁手として活躍し、龍谷大では捕手を務めた。強豪校での経験が、指導にも生きているのですか。

「うーん……実は私、高校時代の野球にあまりいい思い出がないんですよ。当時は野球で挫折してしまったんです。大学でも、『将来はプロに!』という夢を持って一生懸命だったわけでもなかった。どこか、野球に対して陰りがあったんです。でも、それが逆に野球から離れられなかった理由かもしれません」

 ――平安での挫折とは?「私が中学3年のとき、平安は春、全国大会ベスト4、夏は同ベスト8の成績だった。そんな平安に憧れて、私も入学した。でも、そこから平安は低迷期に入ってしまった。そこで、高校野球の裏というか、嫌な部分が見えてしまったんです。私が在籍していた3年間で、監督が3人も代わったんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る