報徳学園・大角監督が語る ベテラン監督の後を継いだ心境

公開日: 更新日:

 昨春のセンバツ後、恩師のベテラン監督からバトンを受け取り、甲子園出場を果たしたのがあす登場する報徳学園(東兵庫)の大角健二監督(38)だ。2002年のセンバツ優勝をはじめ春11回、夏7回の甲子園出場を誇る永田裕治前監督の後を引き継ぐプレッシャーはないか。国語科教諭で、永田前監督の教え子でもある大角監督に聞いた。

 ――昨年のセンバツ後に永田監督が勇退。その時の心境は?

「僕が初めてそれを知ったのは去年の1月。当時は部長だったのですが、急に永田監督から呼ばれて、後任が僕であることを知らされた。本当にびっくりして、『僕でいいのかな』と思ったくらいです」

 ――名将の後を継ぐプレッシャーはありますか。

「最初に引き受けたときは、何がプレッシャーなのかわからなかった。就任直後はセンバツ4強の余韻もありましたからね。でも夏と秋の県大会に負けて、甲子園から遠のいた……と思った瞬間に、どっと重圧がのしかかってきた。ああ、これがプレッシャーなのかと、ようやく理解できた。メンバー発表もそう。これまでも部長としてメンバー発表はしていましたが、それは永田監督の決めたことをそのまま言っていただけ。それが監督として自分が選手を選ぶ立場になると……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る