• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

報徳学園・大角監督が語る ベテラン監督の後を継いだ心境

 昨春のセンバツ後、恩師のベテラン監督からバトンを受け取り、甲子園出場を果たしたのがあす登場する報徳学園(東兵庫)の大角健二監督(38)だ。2002年のセンバツ優勝をはじめ春11回、夏7回の甲子園出場を誇る永田裕治前監督の後を引き継ぐプレッシャーはないか。国語科教諭で、永田前監督の教え子でもある大角監督に聞いた。

 ――昨年のセンバツ後に永田監督が勇退。その時の心境は?

「僕が初めてそれを知ったのは去年の1月。当時は部長だったのですが、急に永田監督から呼ばれて、後任が僕であることを知らされた。本当にびっくりして、『僕でいいのかな』と思ったくらいです」

 ――名将の後を継ぐプレッシャーはありますか。

「最初に引き受けたときは、何がプレッシャーなのかわからなかった。就任直後はセンバツ4強の余韻もありましたからね。でも夏と秋の県大会に負けて、甲子園から遠のいた……と思った瞬間に、どっと重圧がのしかかってきた。ああ、これがプレッシャーなのかと、ようやく理解できた。メンバー発表もそう。これまでも部長としてメンバー発表はしていましたが、それは永田監督の決めたことをそのまま言っていただけ。それが監督として自分が選手を選ぶ立場になると……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る