足も肩もいい遊撃手の「進学」を真に受けちゃいけない

公開日:

 甲子園のネット裏はとにかく暑い。座ってるだけなのに、シャツの下に入れたタオルが汗でびしょ濡れになる。きょうはタオルを3枚替えた。夏の甲子園は何十年も見てるけど、今年みたいな猛暑は初めてじゃないか。

 部長が差し入れてくれた冷たいお茶を飲みながらグラウンドを見てたら、いたよ、面白いのが。

 南の方にある高校の遊撃手。足も肩もバツグンの上、バッティングも悪くない。ちょっと非力だけど、トレーニングを積めば、パワーはいくらでもつく。何より、ボールの見極めができているのがいい。ワンバウンドの変化球に決して手を出さない。「ボールの見極めは、鍛えてどうにかなるもんじゃない」ってのが部長の持論だからね。その部長に「まだ無名ですけど、あのショート、どうスかね?」って水を向けると、「実はオレも面白いと思う」って言う。

 さっそく担当スカウトに件の遊撃手について尋ねると、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る