西武復活のキーマン浅村 辻監督が見抜いていた主将の資質

公開日:

 3位楽天に惜敗し、再びゲーム差は2となった西武。残り2試合になっても2位を確定できずにファンをヤキモキさせているが、3年連続Bクラスだったチームをここまで変えたのは辻発彦監督(58)だけではないようだ。今季から主将に任命された浅村栄斗(26)もその一人だ。

 浅村といえば金髪、ヒゲ面、自由奔放な性格。とてもキャプテンが務まるタイプには見えない。その一方でシャイな一面もあり、どちらかといえば口下手だ。若手らに積極的に声をかけることもない。そんな選手をなぜキャプテンに任命したのか。辻監督はその理由について、「チームに新しい風が必要」と語っていたことがある。改めて聞くと、こう言った。

「ハッキリ言って、浅村は言葉で(選手たちを)鼓舞するタイプじゃない。話せばいろいろしゃべってくれる面白い子だけど、何かやらせようと指図したら『今やろうと思ってたのに』と言ってやらなくなるタイプやしね。それでも浅村をキャプテンにしたのは、やっぱり内野手が良かったから。(投手がピンチになった場面などで)すぐマウンドに行ける人の方がまとめやすい。浅村は積極的に声をかける方ではないから、源田に『おまえが代わりに行くようにしろ』と言ってたけど、それでも浅村に成長してもらうためにやってほしかった。しばらく自由にやらせていたら、チームバッティングに徹したり、一塁にヘッドスライディングしたり、徐々に変わってきた。もともと、どこか痛くても、無理とかダメとか言わないで黙々とやるところは、リーダーとして向いている部分。そういう姿勢がベテランの意識も変えていくと思う。守備のときは目をつぶっているけどね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る