アジア大会結団式の“主役”に…ボクシング成松に報道陣殺到

公開日:

 13日、「ジャカルタ・アジア大会」(18日開幕)の結団式が東京都内のホテルで行われた。主将の山県亮太(26)が「2年後には東京五輪・パラリンピックが控えております。世界から注目を集める一大イベントを前に、このアジア大会から未来につながるバトンを東京に届けられるよう、一人一人、全力で戦い抜くことを誓います」と決意表明。2大会連続で陸上の主将を任される女子短距離の福島千里(30)は「経験の部分でも競技の部分でも引っ張っていけたら」と語った。

 結団式には旗手を務める女子ソフトボールの上野由岐子(36)ら、五輪メダリストも勢ぞろいしたが、この日の「主役」はボクシング代表の成松大介(28)だった。

 日本ボクシング連盟の山根明前会長が成松の助成金を不正に流用した問題が浮上して以降、初めての公の場。式典後、足早に会場を後にした成松を数十人の報道陣が追うなど、会場は大混乱となった。帰路に就くバスを待つ間、10分以上にわたって矢継ぎ早に質問が飛んだものの、硬い表情のまま無言を貫いた成松。ジャカルタでも追っかけ回されて競技に支障が出なければいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る