伊調パワハラ問題の背景 東京五輪で激化する教え子争奪戦

公開日:

 連日マスコミを賑わせている女子レスリングのパワハラ騒動。レスリング関係者が内閣府の公益認定等委員会に出した告発状に対し、日本レスリング協会と同協会の栄和人強化本部長(57)は1日、いずれも内容を否定。週明けにもレスリング協会が伊調と栄氏から聞き取り調査を行うことになった。

 女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)は北京五輪後、至学館大(愛知)を練習拠点とする栄氏の元を離れ、都内へ転居。男子フリースタイルの田南部力コーチ(42)に頭を下げ、男子合宿や警視庁の練習場で指導を受けるようになった。

 以後、栄氏は伊調が練習ができないように邪魔したり、田南部コーチには伊調の指導をやめるようきつく命じ、その嫌がらせはどんどんエスカレートしていったという。

 しかし、伊調は栄氏の圧力に屈せず、12年ロンドン、16年リオ五輪でも金メダルを獲得。日本の女子レスリング界を育ててきた栄氏からすれば、かつての教え子が、男子代表コーチの指導で五輪の連覇記録を伸ばしたことは、自分の指導力を否定されたに等しい。さらに、国民栄誉賞を受賞させたという「実績」まで横取りされた格好となり、腸が煮えくり返ったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る