• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル今季絶望…熱狂カブスファンの風当たりますます強まる

 右上腕と右肘の痛みで故障者リスト(DL)入りしていたカブス・ダルビッシュ有(32)が不本意な形で移籍1年目を終えた。

 エプスタインGMによれば、上腕三頭筋挫傷に加え、「ストレス反応で右肘に痛みが出ている」ため、放置すれば疲労骨折など重症のリスクを伴うことから、早々と今季終了を決断したという。

 今後、最低6週間の治療が必要で、来季開幕からの復帰を目指すが、リハビリ次第ではメジャーのマウンドから遠ざかりかねない。

 カブスでは前例があるからだ。昨季、ローテーション入りを期待された右腕のアレック・ミルズ(26)は、2016年にダルと同じような症状を訴えて翌17年には2度も離脱した。8月中旬に復帰したが、マイナーで7試合に登板しただけだった。メジャー昇格は見送られ、9月上旬にシーズンを終えた。今季はマイナーで開幕を迎え、23試合で5勝(12敗)をマーク。重症化を避けるため、イニング、球数とも球団によって徹底的に管理されている。7月27日にようやくメジャー復帰するも、1試合に登板しただけでマイナー落ちした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る