息子・源は鹿島で自分の進むべきことに気づかされた

公開日:

「鹿島の練習を見に行くと監督がいちいち集合の号令をかけなくても、選手たちが自ら進んでアップを始めている。けじめをつけられる大人の選手だから、言われなくても分かるんだと思いました」としみじみ言う。

 昌子も鳥取・米子北高校でサッカー選手としてあるべき姿勢の基礎を叩き込まれ、鹿島という一層厳しい環境で8年間プレーしている。それが大きな飛躍につながった。

「小笠原(満男)や中田浩二(現鹿島CRO)、岩政(大樹=東京ユナイテッド)、大迫(勇也=ブレーメン)といった先輩たちに『どうしてボールを出さないのか!』と日常的に厳しく怒られていたはず。大岩(剛)監督にも『FWに合わせていつでもワンステップでボールを蹴れるようにしておかないといけない』と口を酸っぱくして言われて日々、課題に取り組んだんだと思いますね」


 その成果がロシアW杯で如実に出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る