息子・源は鹿島で自分の進むべきことに気づかされた

公開日:

「対応力と柔軟性を持たなければいけない」というのは日本代表の森保一監督の口癖だ。この能力を日本人に身に付けさせるのは極めて難しい。兵庫県サッカー協会技術委員長の昌子力さんも、サッカー部の監督を務める姫路独協大でその難しさに苦慮している。「判断できても面倒くさいからやらんとこ、と考えがちな若者は多い。ウチの息子もそうなる可能性があった」と日本代表DF昌子源(鹿島)の成長過程に思いを馳せた。

 ◇  ◇  ◇

 今月半ば、姫路独協大学にイタリアサッカー協会指導者インストラクターのステファノ・バルドーニ氏が臨時コーチとして訪れた。同大のトップチームの選手相手に「パススピードを上げろ」「2トップは臨機応変に動け」と指示を出すが、うまくいかない。

 最後のクリア練習になるとピッチ外にいたメンバーがおしゃべりを始めた。これには昌子監督も怒り心頭に発し、珍しく容赦のないカミナリを落としたほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る