息子・源は鹿島で自分の進むべきことに気づかされた

公開日: 更新日:

「対応力と柔軟性を持たなければいけない」というのは日本代表の森保一監督の口癖だ。この能力を日本人に身に付けさせるのは極めて難しい。兵庫県サッカー協会技術委員長の昌子力さんも、サッカー部の監督を務める姫路独協大でその難しさに苦慮している。「判断できても面倒くさいからやらんとこ、と考えがちな若者は多い。ウチの息子もそうなる可能性があった」と日本代表DF昌子源(鹿島)の成長過程に思いを馳せた。

 ◇  ◇  ◇

 今月半ば、姫路独協大学にイタリアサッカー協会指導者インストラクターのステファノ・バルドーニ氏が臨時コーチとして訪れた。同大のトップチームの選手相手に「パススピードを上げろ」「2トップは臨機応変に動け」と指示を出すが、うまくいかない。

 最後のクリア練習になるとピッチ外にいたメンバーがおしゃべりを始めた。これには昌子監督も怒り心頭に発し、珍しく容赦のないカミナリを落としたほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る