息子・源は鹿島で自分の進むべきことに気づかされた

公開日:

 コロンビアやセネガルに対しても冷静に対処する昌子の姿は大いに光った。

「自ら持ち上がって相手をかわし、数的優位をつくるプレーも見せていましたし、(利き足ではない)左足で持ち込んでも失うことはなかった。そういう仕事も、鹿島で自分が進むべきことに気づかされたから。姫路独協大の子らも、そうなるように育てていかないといけないですね」と力さんは神妙な面持ちで語る。

「ロシアでのショウジのプレーは素晴らしかった。お父さんも誇りに思っていい」と守備の文化が伝統的に根付き、カンナバーロ(広州恒大監督)のような小柄なDFにも敬意を払うイタリア人のバルドーニ氏に太鼓判を押された昌子。日本の若者に足りない対応力や柔軟性をより磨き、父が教える選手たちの見本になるように高みに上り詰めてもらいたい――。

(取材・構成=サッカージャーナリスト・元川悦子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る