7点差逆転で広島M24 “奇跡のスタジアム”マツダは勝率.756

公開日: 更新日:

 これだからファンが足を運ぶわけだ。

 広島が23日のヤクルト戦で7点差をひっくり返す劇的勝利。五回表終了時で0―7。八回までに5点を返し、5―8で最終回を迎えた。1死後に野間と代打バティスタの連打で一、二塁とし、丸が同点3ランでスタンドを沸かすと、続く4番鈴木のサヨナラ本塁打でファンは狂喜乱舞。優勝マジックを24とした。

 それにしても広島はマツダスタジアムで強い。今季はここまで34勝11敗2分けで勝率.756。驚異的な数字に他球団からは「サイン盗み」を疑うイチャモンまで出るほどだが、昨季までマツダでの勝率は2年連続で7割超。今年に限ったことではない。

 観客動員は2015年に初の200万人超え(211万266人)を果たし、翌年は215万を突破。昨年は217万7554人まで増えた。今年も主催試合33試合目で球団最速の100万人に到達。ホームスタジアムで負けなければファンは気分がいいし、うまい酒も飲める。今季はV3も堅いとくれば、観客動員記録更新は間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る