7点差逆転で広島M24 “奇跡のスタジアム”マツダは勝率.756

公開日:  更新日:

 これだからファンが足を運ぶわけだ。

 広島が23日のヤクルト戦で7点差をひっくり返す劇的勝利。五回表終了時で0―7。八回までに5点を返し、5―8で最終回を迎えた。1死後に野間と代打バティスタの連打で一、二塁とし、丸が同点3ランでスタンドを沸かすと、続く4番鈴木のサヨナラ本塁打でファンは狂喜乱舞。優勝マジックを24とした。

 それにしても広島はマツダスタジアムで強い。今季はここまで34勝11敗2分けで勝率.756。驚異的な数字に他球団からは「サイン盗み」を疑うイチャモンまで出るほどだが、昨季までマツダでの勝率は2年連続で7割超。今年に限ったことではない。

 観客動員は2015年に初の200万人超え(211万266人)を果たし、翌年は215万を突破。昨年は217万7554人まで増えた。今年も主催試合33試合目で球団最速の100万人に到達。ホームスタジアムで負けなければファンは気分がいいし、うまい酒も飲める。今季はV3も堅いとくれば、観客動員記録更新は間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る