• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7点差逆転で広島M24 “奇跡のスタジアム”マツダは勝率.756

 これだからファンが足を運ぶわけだ。

 広島が23日のヤクルト戦で7点差をひっくり返す劇的勝利。五回表終了時で0―7。八回までに5点を返し、5―8で最終回を迎えた。1死後に野間と代打バティスタの連打で一、二塁とし、丸が同点3ランでスタンドを沸かすと、続く4番鈴木のサヨナラ本塁打でファンは狂喜乱舞。優勝マジックを24とした。

 それにしても広島はマツダスタジアムで強い。今季はここまで34勝11敗2分けで勝率.756。驚異的な数字に他球団からは「サイン盗み」を疑うイチャモンまで出るほどだが、昨季までマツダでの勝率は2年連続で7割超。今年に限ったことではない。

 観客動員は2015年に初の200万人超え(211万266人)を果たし、翌年は215万を突破。昨年は217万7554人まで増えた。今年も主催試合33試合目で球団最速の100万人に到達。ホームスタジアムで負けなければファンは気分がいいし、うまい酒も飲める。今季はV3も堅いとくれば、観客動員記録更新は間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る