まずは西武・菊池…吉田輝星は日本プロ球団に育ててもらう

公開日: 更新日:

 日本はいま、夏の甲子園大会の準優勝投手、金足農の吉田輝星の話題で持ち切りだという。

 情報提供者の話では、大阪桐蔭の藤原や報徳学園の小園より注目を集めているそうだ。とにかく一度見てみろと、あまりにうるさいので、インターネットの映像をチェックした。

 確かにいいピッチャーだ。スピンの利いたストレートを投げるし、制球もいい。牽制やフィールディングなど投げる以外の部分からもセンスを感じる。

 9月には西武の菊池雄星をチェックしに日本に行くので、その前に宮崎に寄ってU18アジア選手権を見てこようと思う。知人のスカウトも、似たようなルートを計画している。

 ただし、主な目的はあくまで菊池であって、吉田ではない。吉田自身の意思はともかく、言葉も理解できず、大人になっていない高校生を、いきなり生存競争の激しい米国のマイナーに放り込むのはあまりにもリスクが高いからだ。吉田を見るのは、いまのうちに能力以外の性格などを把握しておくため。吉田を含め藤原や小園を見に行く他のメジャー球団のスカウトにしても事前調査が目的で、彼らをすぐに獲得しようという気はおそらくない。日本のプロ球界に育ててもらい、完全に花が開いたタイミングを見計らって獲得するつもりなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る