まずは西武・菊池…吉田輝星は日本プロ球団に育ててもらう

公開日:

 日本はいま、夏の甲子園大会の準優勝投手、金足農の吉田輝星の話題で持ち切りだという。

 情報提供者の話では、大阪桐蔭の藤原や報徳学園の小園より注目を集めているそうだ。とにかく一度見てみろと、あまりにうるさいので、インターネットの映像をチェックした。

 確かにいいピッチャーだ。スピンの利いたストレートを投げるし、制球もいい。牽制やフィールディングなど投げる以外の部分からもセンスを感じる。

 9月には西武の菊池雄星をチェックしに日本に行くので、その前に宮崎に寄ってU18アジア選手権を見てこようと思う。知人のスカウトも、似たようなルートを計画している。

 ただし、主な目的はあくまで菊池であって、吉田ではない。吉田自身の意思はともかく、言葉も理解できず、大人になっていない高校生を、いきなり生存競争の激しい米国のマイナーに放り込むのはあまりにもリスクが高いからだ。吉田を見るのは、いまのうちに能力以外の性格などを把握しておくため。吉田を含め藤原や小園を見に行く他のメジャー球団のスカウトにしても事前調査が目的で、彼らをすぐに獲得しようという気はおそらくない。日本のプロ球界に育ててもらい、完全に花が開いたタイミングを見計らって獲得するつもりなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る