小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

吉田輝星は881球 甲子園限定「球数制限」プランを考える

公開日: 更新日:

 選手の健康管理、故障予防の観点から、タイブレーク制が導入された。延長十三回無死一、二塁で開始するルールで、今大会では2試合が行われ、歴史的な一歩を踏み出した。

「球数制限」の議論も始まりそうだが、ルール作りが難しい。地方大会から導入するのか甲子園からか。臨時コーチを務めたことがある日体大が所属する首都大学野球リーグでは、こんなガイドラインがある。

①先発1戦目は球数制限をしない。

②2戦目は、前日に121球以上投げた場合は50球までとする。ただし、投球中に50球を超えた場合はイニング終了まで可とする。

③1戦目で120球以下の場合は連投を妨げない。

④雨天で1日空けた場合は制限を設けない。

 高校野球でも参考にできそうだ。しかし、これを地方大会から導入すれば、今大会でいえば、大阪桐蔭、浦和学院、日大三といった140キロを超える投手を複数擁する私立の強豪校がさらに有利。金足農のような公立校の躍進の可能性は極めて低くなる。そこで、手始めに「甲子園500球」の制限を設けてはどうだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  3. 3

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  4. 4

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  5. 5

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  6. 6

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  7. 7

    あのQEも…新型コロナ禍で横浜港を襲う“寄港中止ドミノ”

  8. 8

    全国マスク工業会に聞いた 品薄状態続く粗悪品の見分け方

  9. 9

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  10. 10

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る