根尾サイクル達成の裏で プロが“単独1位”で狙う選手の名前

公開日:

 投手もこなす根尾は甲子園終了後、「遊撃で勝負したい」と野手としてプロ入りする意思を示した。

 あるセ球団のスカウトは、「対戦したことがない相手で、なおかつ木製バットを使う国際大会でのプレーは、プロでの適応力、対応力を測る指標になる。根尾は1打席目に緩い球に逆らうことなく流し打ったのは野球頭脳が優れている証拠。反発力が弱く、遠くへ飛ばしづらい遅い球に対し、バックスピンをかけて本塁打するのはさすがです。しかも、5安打中4本が初球を捉えてのもの。相手投手のレベルが低かったとはいえ、ますます評価は上がる」と話す。

■逸材が多い年だけに…

 一方、前出の在京球団スカウトはこう言う。

「もし吉田がプロ志望届を出せば、12球団の1位指名は割れるだろう。上位12人に確実に入るのは、高校生では根尾、藤原、吉田、小園(報徳学園)、大学生では東洋大の甲斐野と梅津の両右腕。日体大の松本、東妻、大阪ガスの近本、ホンダの斎藤あたりも状況次第では1位もある。逸材が多いだけに、単独指名を視野に入れて、ドラフト戦略を練っている球団もある」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る