• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

根尾サイクル達成の裏で プロが“単独1位”で狙う選手の名前

 投手もこなす根尾は甲子園終了後、「遊撃で勝負したい」と野手としてプロ入りする意思を示した。

 あるセ球団のスカウトは、「対戦したことがない相手で、なおかつ木製バットを使う国際大会でのプレーは、プロでの適応力、対応力を測る指標になる。根尾は1打席目に緩い球に逆らうことなく流し打ったのは野球頭脳が優れている証拠。反発力が弱く、遠くへ飛ばしづらい遅い球に対し、バックスピンをかけて本塁打するのはさすがです。しかも、5安打中4本が初球を捉えてのもの。相手投手のレベルが低かったとはいえ、ますます評価は上がる」と話す。

■逸材が多い年だけに…

 一方、前出の在京球団スカウトはこう言う。

「もし吉田がプロ志望届を出せば、12球団の1位指名は割れるだろう。上位12人に確実に入るのは、高校生では根尾、藤原、吉田、小園(報徳学園)、大学生では東洋大の甲斐野と梅津の両右腕。日体大の松本、東妻、大阪ガスの近本、ホンダの斎藤あたりも状況次第では1位もある。逸材が多いだけに、単独指名を視野に入れて、ドラフト戦略を練っている球団もある」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る