評論家が苦言 御嶽海初Vは「大相撲のレベル下がった証拠」

公開日:

「今場所はひどかったですね。あまりに中身がない。お客さんも『カネ返せ!』と言った方がいいくらいですよ」

 評論家の中澤潔氏が嘆くのも無理はない。

 22日、関脇御嶽海(25)の初優勝で幕を閉じた大相撲7月場所。初めて賜杯を抱いた御嶽海は、

「賜杯は重い? そうですね、稽古不足です」

 と、自虐ジョークを飛ばし、「メチャクチャ最高なんスけど、こんな大人数の前でしゃべったことないので……。帰ってから、記憶がないと思います」と、慣れないインタビューに緊張しっぱなしだった。

 そんな初々しい姿に、満員御礼の場内からは笑いと拍手。先場所は9勝6敗、今場所は13勝2敗と関脇で結果を残し、来場所は「三役で3場所33勝以上」が基準とされる大関とりが確実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る