9月場所は背水の陣 稀勢の里“現役続行”のボーダーラインは

公開日: 更新日:

■復活は無理と決めつけるのは早計

 もっとも、稀勢の里が勝ち越せば、すべて杞憂に終わる。問題は歴代最長の8場所連続休場記録を作った横綱が復活できるかどうか、だが……。

「今から無理だと決めつけるのは早計」とは、さるベテラン親方。

「今回の稽古総見は、休場中のそれとは雲泥の差。しかも、連合稽古で玉鷲をものともしなかった、というのがいい。力士には稽古で弱く本場所で強い、あるいはその逆とさまざまなタイプがいる。玉鷲は稽古では一切手を抜かず、本場所でも強い。つまり、今の稀勢の里の状態を測る格好のバロメーターということ。もちろん、緊張やプレッシャーに負けず、本場所でも実力を発揮できなければ意味はない」

 秋の両国で土俵人生を終えるのか、それとも再び九州の地を踏めるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る