“藤浪2世”才木ついに覚醒 阪神元コーチが振り返る二人三脚

公開日:

 もう「2世」とは呼ばせない。

 阪神高卒2年目右腕の才木浩人(19)が、6日の広島戦に先発。6点リードの五回にヒヤッとした。無死二塁で8番・磯村を迎え、2球目を投げた直後に右足を気にするそぶりを見せてベンチに下がった。すぐにマウンドに戻って3者連続三振に仕留め、結局6回3安打9奪三振1失点で5勝目(7敗)を挙げた。

「(9奪三振は)真っすぐでファウルと空振りが取れたことが大きかった。野手のみなさんがたくさん点を取ってくれたので楽に投げられました」

 神戸市立須磨翔風高から2016年ドラフト3位で入団。189センチ・80キロの高卒右腕で手足が長く、背格好も似ていることから、高校時代から「藤浪2世」と呼ばれている。

 本家の藤浪は入団以来3年連続2ケタ勝利を挙げたが、16年からサッパリ。今季も9試合に先発し、2勝(3敗、防御率6・34)止まり。今は二軍暮らしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る