“藤浪2世”才木ついに覚醒 阪神元コーチが振り返る二人三脚

公開日:

 もう「2世」とは呼ばせない。

 阪神高卒2年目右腕の才木浩人(19)が、6日の広島戦に先発。6点リードの五回にヒヤッとした。無死二塁で8番・磯村を迎え、2球目を投げた直後に右足を気にするそぶりを見せてベンチに下がった。すぐにマウンドに戻って3者連続三振に仕留め、結局6回3安打9奪三振1失点で5勝目(7敗)を挙げた。

「(9奪三振は)真っすぐでファウルと空振りが取れたことが大きかった。野手のみなさんがたくさん点を取ってくれたので楽に投げられました」

 神戸市立須磨翔風高から2016年ドラフト3位で入団。189センチ・80キロの高卒右腕で手足が長く、背格好も似ていることから、高校時代から「藤浪2世」と呼ばれている。

 本家の藤浪は入団以来3年連続2ケタ勝利を挙げたが、16年からサッパリ。今季も9試合に先発し、2勝(3敗、防御率6・34)止まり。今は二軍暮らしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る