入試変更が逆風に…早大・小宮山新監督「名門再建」への壁

公開日:

 元メジャーリーガーが大学の監督になるのは日本では史上初という。

 6日、来年1月から早大野球部の監督に就任する小宮山悟氏(52)が会見。早大を経てロッテや米メッツなどで通算117勝をマークし、頭脳派として知られる小宮山氏は昨年から野球部OB会の副会長を務めており、「野球部に恩返しをしたい思いが強い」と意気込みを語った。

 早大は東京六大学最多の45度の優勝を誇る一方、昨秋は70年ぶりの最下位に転落するなど低迷が続く。

 野球部OBは、「今後は選手集めも苦戦するはず。苦労も多いだろう」と、こうおもんぱかる。

「以前は13番目のプロ球団と揶揄されるほどの戦力を誇っていたが、近年は『スポーツ枠』で獲得した選手の半分近くがベンチ入りメンバーから外れるなど人材不足が著しい。『スポーツ特待生』や指定校推薦の内定時期が遅く、他校に有望選手を持っていかれているところに、今年から大学全体のスポーツ入試システムが変更され、書類選考により高校時代の内申点が重視されるようになった。野球だけやってきたような高校生は、箸にも棒にも掛からなくなる可能性がある。今年は高校のトップ選手の入学が内定しているものの、早実の内部進学組に依存する形になるだろう」

 早大の選手集めは今や、慶大や明大、法大にも後れを取っているともいわれる。小宮山新監督はプロ仕込みの育成手腕を駆使し、自身の座右の銘とする「粉骨砕身」で劣勢をはね返せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る