• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

焼き肉大会を年5~6回 30万円分の焼き肉を選手にふるまう

「焼き肉屋さんでは、1回で総額5万円くらい食べます。それを年に5~6回だから……。『オレ自身もスポンサーの一員だな!』と感心します」と笑顔でチーム愛を語る。

 昼食後には東京都内に戻り、テレビ番組の収録など本業をこなし、午後6時30分までに浦安にUターンすることもある。

 下部組織の中1~高1の選手をピックアップして「スペシャルトレーニング」を実施するからなのだ。ゲーム中心の練習だが、勝利チームには賞品を用意している。

「解説の仕事でロシアW杯に行き、現地でお土産を大量購入したり、スパイクやユニホームを賞品にすることもあります」

 スポンサー関連の講演会はノーギャラで受けることもある。地方遠征も愛車で行って高速代、ガソリン代は自腹でまかなう。今年、最も遠かった遠征先は青森県八戸市。一人でハンドルを握って往復した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る