都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

選手は二足のわらじ 2ndキャリアに繋がる雇用形態を目指す

公開日:

 全国リーグであるJFL(ジャパンフットボールリーグ)に昇格するには関東社会人リーグ1部で優勝し、さらに他地域リーグの勝者8チームと全国社会人選手権の上位3チームを加えた計12チームによる地域リーグ決勝大会で「2位以内」が条件だ。その決勝大会には1次ラウンドと決勝ラウンドがあり、それぞれ3日間で3連戦というハードスケジュール。ブリオベッカ浦安の都並敏史テクニカルディレクター(TD)兼守備コーチは<JFLのハードルの高さ>が身に染みている。

「決勝大会では、主力の中で3~4人は連戦に耐えられる選手が必要となります。連戦でもケガ人が出ないフィジカルの強さをチームに植え付け、<高い><速い>といった飛び道具を持っている選手も欲しい」

 2015年の決勝ラウンドで当時サブだった都並TDの長男・DF智也さん(現アイデンティみらい=関東2部)は、チームを助けようとかいがいしく動き回った。そんな長男の姿を見て、94年アメリカW杯予選「ドーハの悲劇」を思い出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る