都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

選手は二足のわらじ 2ndキャリアに繋がる雇用形態を目指す

公開日:

 全国リーグであるJFL(ジャパンフットボールリーグ)に昇格するには関東社会人リーグ1部で優勝し、さらに他地域リーグの勝者8チームと全国社会人選手権の上位3チームを加えた計12チームによる地域リーグ決勝大会で「2位以内」が条件だ。その決勝大会には1次ラウンドと決勝ラウンドがあり、それぞれ3日間で3連戦というハードスケジュール。ブリオベッカ浦安の都並敏史テクニカルディレクター(TD)兼守備コーチは<JFLのハードルの高さ>が身に染みている。

「決勝大会では、主力の中で3~4人は連戦に耐えられる選手が必要となります。連戦でもケガ人が出ないフィジカルの強さをチームに植え付け、<高い><速い>といった飛び道具を持っている選手も欲しい」

 2015年の決勝ラウンドで当時サブだった都並TDの長男・DF智也さん(現アイデンティみらい=関東2部)は、チームを助けようとかいがいしく動き回った。そんな長男の姿を見て、94年アメリカW杯予選「ドーハの悲劇」を思い出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る