都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

焼き肉大会を年5~6回 30万円分の焼き肉を選手にふるまう

公開日:

「チームに財政的な負担はかけたくないし、あくまで<自分のリズム>で動きたいタイプ。なので『自分が責任を持って移動します』とクラブ幹部から了解を得ています」

 目下の悩みは、浦安ユースの有望株が高校卒業後の進路として「上のカテゴリー(JFLやJリーグ)に行きたい」と相談してくること。両親と個別面談する際に「(トップチームは)関東リーグですから……」と言われることが多く、そのたびにJやJFLとの格差を痛感させられる。それでも「まずはウチ(のトップ)でレベルアップしてから(上を)目指しましょう」と声をかける。

「クルマとサッカーとB級グルメ。これが3大趣味です。お金をもらってつまらないことをやるよりも、無給でも好きなことができる方が素晴らしい」と充実したサッカー人生を送っている。

 無償の愛を捧げるクラブがある。その喜びたるや。羨ましい限りだ。

(構成・六川亨=元サッカーダイジェスト編集長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る