白星発進の稀勢の里 “星勘定”せずに相撲が取れるかがカギ

公開日:

 今場所の成績次第では、引退が避けられない和製横綱。対戦相手に加えて、自身最大の重圧とも戦うことになる。

 この日、弟子の相撲を観戦していたある親方は本紙の取材に、「稀勢の話? 俺は別の一門だからあまり突っ込んだ話はできないけど」と前置きし、こう続ける。

「大事なのは15日間、相撲を取り切るという気持ちだろう。確かに稽古では調子がいいみたいだね。でも、いくら稽古したところで、本場所の土俵はまた別物。結果は後からついてくる。いまは15日間、自分の力を出し切ること以外は考えない方がいい。星勘定をしだすと油断も生まれるし、負けが込んでいるときはマイナス思考に陥りやすい。逆に『よし、あと何勝で勝ち越しだ!』と気合が入る力士もいるけど、稀勢の里はそういうタイプじゃないだろう。ただ、今日勝ったことで気持ちも多少は楽になったはず。やっぱり力士は初日に勝てば安心するものだからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る