81歳で死去 ダイヤモンドバックス支援したマケインの矜持

公開日:

 8月25日、米連邦上院議員のジョン・シドニー・マケイン3世が81歳で死去した。

 マケインと野球の関わりが深くなったのは、1998年に地元アリゾナ州フェニックスにダイヤモンドバックスが設立されてからだ。海軍士官であった父の任地のパナマで生まれたマケインがアリゾナ州を地盤としたのは、妻シンディの父ジェームズ・ヘンスリーがアリゾナ州を拠点とする大手酒販企業ヘンスリー・アンド・カンパニーの創業者だったことが大きい。

 アリゾナ州はフェニックスが大リーグのスプリングトレーニングの拠点であり、89年にルーキーリーグのアリゾナリーグが創設されるなど野球との関わりは深いものの、大リーグの球団は存在しなかった。

 しかし、98年にダイヤモンドバックスが誕生すると、マケインは妻や子どもたちと本拠地バンクワン・ボールパーク(現在のチェイス・フィールド)でしばしば観戦するようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る