81歳で死去 ダイヤモンドバックス支援したマケインの矜持

公開日:

 8月25日、米連邦上院議員のジョン・シドニー・マケイン3世が81歳で死去した。

 マケインと野球の関わりが深くなったのは、1998年に地元アリゾナ州フェニックスにダイヤモンドバックスが設立されてからだ。海軍士官であった父の任地のパナマで生まれたマケインがアリゾナ州を地盤としたのは、妻シンディの父ジェームズ・ヘンスリーがアリゾナ州を拠点とする大手酒販企業ヘンスリー・アンド・カンパニーの創業者だったことが大きい。

 アリゾナ州はフェニックスが大リーグのスプリングトレーニングの拠点であり、89年にルーキーリーグのアリゾナリーグが創設されるなど野球との関わりは深いものの、大リーグの球団は存在しなかった。

 しかし、98年にダイヤモンドバックスが誕生すると、マケインは妻や子どもたちと本拠地バンクワン・ボールパーク(現在のチェイス・フィールド)でしばしば観戦するようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る