ともに殿堂入り ラモス&加藤久が日本サッカーに緊急提言

公開日: 更新日:

 さる10日、東京・文京区の日本サッカー協会で「第15回日本サッカー殿堂掲額式典」が行われ、ラモス瑠偉氏(61)と読売クラブ(現東京V)時代からの盟友である加藤久氏(62)に記念プレートが贈呈された。W杯と五輪の予選で敗戦を重ね、不人気にあえいでいた日本サッカーを70年代から支えてきた功労者に聞いた。

■「86年W杯最終予選を思い出した」(加藤)

 ――お2人は40年近い付き合いになる。

加藤「カリオカ(ラモス氏の愛称)は裏表のないストレートな人間です。出会ってから今まで、何も変わっていない」

ラモス「久ちゃんは、会った瞬間からサッカーに対して真面目に取り組む人だったね。サッカーもうまかった。少し足が遅いかな、と思ったけど先のプレーを読む能力が高く、インターセプトも上手だった。長身ではなかったが、ジャンプ力があってヘディングも強かった。若手の面倒見もいいし、ベンチの選手やスタッフへの気配りも行き届いていた。生まれながらのキャプテンだね。代表でも、すぐにキャプテンに指名された。ずっとステキな仲間です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る