ともに殿堂入り ラモス&加藤久が日本サッカーに緊急提言

公開日: 更新日:

 さる10日、東京・文京区の日本サッカー協会で「第15回日本サッカー殿堂掲額式典」が行われ、ラモス瑠偉氏(61)と読売クラブ(現東京V)時代からの盟友である加藤久氏(62)に記念プレートが贈呈された。W杯と五輪の予選で敗戦を重ね、不人気にあえいでいた日本サッカーを70年代から支えてきた功労者に聞いた。

■「86年W杯最終予選を思い出した」(加藤)

 ――お2人は40年近い付き合いになる。

加藤「カリオカ(ラモス氏の愛称)は裏表のないストレートな人間です。出会ってから今まで、何も変わっていない」

ラモス「久ちゃんは、会った瞬間からサッカーに対して真面目に取り組む人だったね。サッカーもうまかった。少し足が遅いかな、と思ったけど先のプレーを読む能力が高く、インターセプトも上手だった。長身ではなかったが、ジャンプ力があってヘディングも強かった。若手の面倒見もいいし、ベンチの選手やスタッフへの気配りも行き届いていた。生まれながらのキャプテンだね。代表でも、すぐにキャプテンに指名された。ずっとステキな仲間です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る