森保J初陣飾るも…コスタリカ戦快勝の裏で露呈した“課題”

公開日:

 東京五輪代表監督を兼務する森保一監督(50)が、A代表デビューとなった11日のコスタリカ戦(大阪)を白星で飾った。

 新生日本代表のスタメンには、フレッシュなメンバーが出そろった。

 右MFの堂安律(20=フローニンゲン)と左SBの佐々木翔(28=広島)が代表初お目見え。

 DF室屋成(24=FC東京)が代表1試合、FW南野拓実(23=ザルツブルク)、左MF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)、DF三浦弦太(23=G大阪)が2試合……と実績の乏しい選手がズラリ。西野ジャパンの初陣の先発11人の代表歴合計が「616試合」だったのに対し、森保ジャパンは「79試合」。大幅な世代交代を図り、準備期間も短かった日本は終始コスタリカを圧倒。攻守の連係も取れていた。

 もっとも、コスタリカは4日前に韓国戦をこなして「疲労が抜け切っていない状態での来日だったし、そもそも主力がごっそり抜けていた遠征メンバーだった」と話すのは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る