森保J初陣飾るも…コスタリカ戦快勝の裏で露呈した“課題”

公開日: 更新日:

 東京五輪代表監督を兼務する森保一監督(50)が、A代表デビューとなった11日のコスタリカ戦(大阪)を白星で飾った。

 新生日本代表のスタメンには、フレッシュなメンバーが出そろった。

 右MFの堂安律(20=フローニンゲン)と左SBの佐々木翔(28=広島)が代表初お目見え。

 DF室屋成(24=FC東京)が代表1試合、FW南野拓実(23=ザルツブルク)、左MF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)、DF三浦弦太(23=G大阪)が2試合……と実績の乏しい選手がズラリ。西野ジャパンの初陣の先発11人の代表歴合計が「616試合」だったのに対し、森保ジャパンは「79試合」。大幅な世代交代を図り、準備期間も短かった日本は終始コスタリカを圧倒。攻守の連係も取れていた。

 もっとも、コスタリカは4日前に韓国戦をこなして「疲労が抜け切っていない状態での来日だったし、そもそも主力がごっそり抜けていた遠征メンバーだった」と話すのは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る