森保J初陣飾るも…コスタリカ戦快勝の裏で露呈した“課題”

公開日:

 東京五輪代表監督を兼務する森保一監督(50)が、A代表デビューとなった11日のコスタリカ戦(大阪)を白星で飾った。

 新生日本代表のスタメンには、フレッシュなメンバーが出そろった。

 右MFの堂安律(20=フローニンゲン)と左SBの佐々木翔(28=広島)が代表初お目見え。

 DF室屋成(24=FC東京)が代表1試合、FW南野拓実(23=ザルツブルク)、左MF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)、DF三浦弦太(23=G大阪)が2試合……と実績の乏しい選手がズラリ。西野ジャパンの初陣の先発11人の代表歴合計が「616試合」だったのに対し、森保ジャパンは「79試合」。大幅な世代交代を図り、準備期間も短かった日本は終始コスタリカを圧倒。攻守の連係も取れていた。

 もっとも、コスタリカは4日前に韓国戦をこなして「疲労が抜け切っていない状態での来日だったし、そもそも主力がごっそり抜けていた遠征メンバーだった」と話すのは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る