松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

審判は「お奉行さまのご出座だ」とでも言いたいんか?

公開日: 更新日:

 どうも今年のプロ野球が盛り上がらないのは、やっぱあの「リクエスト制度」にあるんじゃねえか? モンダイなのは、「誤審防止」のために密室でビデオ判定してる間に、ファンにはじっと「ご辛抱し」てもらってるってことだ。あの審判どもの密談中、ファンはほっぽらかされてるわけだ。

 昔のように、監督と審判の怒鳴り合いと熱くなったファンの「ええかげんにせいや審判、ボケ!」「福良退場じゃ、カス!」の騒然。品性のかけらもないが、あれはあれで球場はヒートアップしとったわけよ。あの間、緊張は高まり、球場は熱狂し、ファンだけほっぽらかされたりはしなかったのだよ。

 リクエスト判定がもたつく間、テレビ中継によっちゃ、「ここでコマーシャル」なんて、中高年のパワーの源シジミエキスのCM見せられて、勝手に血たぎらせとけって、そりゃどういう魂胆だ? いいから野球に血たぎらせろやおまえたち!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る