• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

高校球児よ、帽子をあみだにかぶる意味を知っとるか?

「もう負けは許されない」

 と、マスコミが力みかえった野球「第12回BFA U18アジア選手権」。負けは許されない割にゃ、韓国と台湾にコテンパンにのされた日本代表。夏の甲子園で骨の髄まで搾り取られたうえ、残暑厳しい宮崎まで強制連行されて、ついにゃ顎出して帽子をアミダにかぶっておったな。

 おまえらに野球の帽子の正しいかぶり方をおっさんが教えてやる。目深にかぶって、暗い庇の下から相手をキッと睨みつけるんダ!(いわば星飛雄馬とそのライバルたちに倣うのだ)。庇の裏には「必勝」だの「アジア制覇!」だの「一球入魂」だの黒マジックで書いて(まあ書かんでもよいが)、ここが肝心であるぞ。目深な帽子の庇をこう、への字に折り曲げて、目の表情を伏せるのだ。目深な帽子の下で、ギラギラ燃えたぎらせておろう闘志を隠すのだ。アホのように晒すな。闘志を晒さず、ミットめがけてバッシと投げ込んで、アンパイアにボールチェンジを要求するときに、初めて帽子を取ってイガグリ野球少年の純朴な笑顔を見せるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る