松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

高校球児よ、帽子をあみだにかぶる意味を知っとるか?

公開日:

「もう負けは許されない」

 と、マスコミが力みかえった野球「第12回BFA U18アジア選手権」。負けは許されない割にゃ、韓国と台湾にコテンパンにのされた日本代表。夏の甲子園で骨の髄まで搾り取られたうえ、残暑厳しい宮崎まで強制連行されて、ついにゃ顎出して帽子をアミダにかぶっておったな。

 おまえらに野球の帽子の正しいかぶり方をおっさんが教えてやる。目深にかぶって、暗い庇の下から相手をキッと睨みつけるんダ!(いわば星飛雄馬とそのライバルたちに倣うのだ)。庇の裏には「必勝」だの「アジア制覇!」だの「一球入魂」だの黒マジックで書いて(まあ書かんでもよいが)、ここが肝心であるぞ。目深な帽子の庇をこう、への字に折り曲げて、目の表情を伏せるのだ。目深な帽子の下で、ギラギラ燃えたぎらせておろう闘志を隠すのだ。アホのように晒すな。闘志を晒さず、ミットめがけてバッシと投げ込んで、アンパイアにボールチェンジを要求するときに、初めて帽子を取ってイガグリ野球少年の純朴な笑顔を見せるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る