松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

高校球児よ、帽子をあみだにかぶる意味を知っとるか?

公開日: 更新日:

「もう負けは許されない」

 と、マスコミが力みかえった野球「第12回BFA U18アジア選手権」。負けは許されない割にゃ、韓国と台湾にコテンパンにのされた日本代表。夏の甲子園で骨の髄まで搾り取られたうえ、残暑厳しい宮崎まで強制連行されて、ついにゃ顎出して帽子をアミダにかぶっておったな。

 おまえらに野球の帽子の正しいかぶり方をおっさんが教えてやる。目深にかぶって、暗い庇の下から相手をキッと睨みつけるんダ!(いわば星飛雄馬とそのライバルたちに倣うのだ)。庇の裏には「必勝」だの「アジア制覇!」だの「一球入魂」だの黒マジックで書いて(まあ書かんでもよいが)、ここが肝心であるぞ。目深な帽子の庇をこう、への字に折り曲げて、目の表情を伏せるのだ。目深な帽子の下で、ギラギラ燃えたぎらせておろう闘志を隠すのだ。アホのように晒すな。闘志を晒さず、ミットめがけてバッシと投げ込んで、アンパイアにボールチェンジを要求するときに、初めて帽子を取ってイガグリ野球少年の純朴な笑顔を見せるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る