• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

アマスポーツ界は全部コピーの“金太郎飴”なのかい?

 タックルの監督やら理事長やら、殴り合いの会長のことが、はるか昔のことに思える、金太郎飴みたいなアマスポーツ界。

 中国の旧正月じゃあるめえし、導火線に次々引火する爆竹みたいだな。どうかせんといかんぜ。バチンとはじけて飛び出した謝罪文まで、これまた金太郎飴みたいなコピー。

「もし選手の心を傷つけてしまったとすれば、謝罪します」

 どいつもこいつも「もし、傷つけたとすれば」ってなんだ?

 言っとくが、「傷つけたとすれば」じゃねえ、傷つけちまったんだよ、てめえたちゃ。相手は年端もいかぬ、一生懸命練習してうまくなろうとしてる選手で、謝罪する側のおまえらは彼らを牛耳って、威張り放題、権力を独占してるトップだったってとこまで、そのまんまコピー。

■開き直りに太鼓持ち

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る