松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

借金まみれのくせにCSでカードを作りたいなど無礼である!

公開日:

 セ・リーグは、残り50試合を切ったところで圧倒的に広島が突っ走ってる。

 3位の巨人の体たらくはどうしたもんかいな? オーナー代われど選手は跳ねず、主力坂本は故障、4番岡本はホームランか三振かだが、目が地味だ。まさに「落日の巨人」。だれかそういう映画撮らんか? どんどん奈落へ落ち込んで消滅する野球チームの末路。助かるやつはひとりもいない物語。この国にゃ昔から判官びいきってのがあるから、それ狙うのサ。

 ラストシーンに、廃虚と化した東京ドームの折れたポールに色あせて破れヘタれた「読売」の旗に瀕死のジイサマがしがみつき、「じ、常勝軍団がッ!」とうめいて動かなくなると、外野でボロをまとった琵琶法師がボロロンと琵琶をかき鳴らしてボソリと「おごる巨人は久しからず」。目深な頭巾から、ちらりとのぞいた老いぼれ琵琶法師は野村克也に似ていたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る