松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

借金まみれのくせにCSでカードを作りたいなど無礼である!

公開日:

 セ・リーグは、残り50試合を切ったところで圧倒的に広島が突っ走ってる。

 3位の巨人の体たらくはどうしたもんかいな? オーナー代われど選手は跳ねず、主力坂本は故障、4番岡本はホームランか三振かだが、目が地味だ。まさに「落日の巨人」。だれかそういう映画撮らんか? どんどん奈落へ落ち込んで消滅する野球チームの末路。助かるやつはひとりもいない物語。この国にゃ昔から判官びいきってのがあるから、それ狙うのサ。

 ラストシーンに、廃虚と化した東京ドームの折れたポールに色あせて破れヘタれた「読売」の旗に瀕死のジイサマがしがみつき、「じ、常勝軍団がッ!」とうめいて動かなくなると、外野でボロをまとった琵琶法師がボロロンと琵琶をかき鳴らしてボソリと「おごる巨人は久しからず」。目深な頭巾から、ちらりとのぞいた老いぼれ琵琶法師は野村克也に似ていたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る