松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

大会終了も課題多し 甲子園の緊急対策会議を妄想してみた

公開日: 更新日:

 夏の高校野球も終わり、甲子園球場関係者がやってそうな会議。

「高校球児もエライ張り切って、ええ試合が多かった。熱中症対策で給水タイムやったんはよかった。スタンドのカチワリ業者さんも喜んではったし」

 最近、ネットで甲子園の土をオークションに出したやつについて。

「甲子園の土を売るて、なんや! 神聖な甲子園の名前を汚しくさってからに。そんなもん、どこの土か分かるかい。森友学園から出てきたゴミ土かもしれへんやないかい。なめたらあかんぞ!」

 緊急対策会議の結論、「ほんまもんの甲子園の土を球場の売店で売る! 売店からのテンバイ禁止や」。

 最近、なんでも甲子園と名付ける高校生の大会について。

「ダンス甲子園てなんや? 甲子園は野球するとこや。踊ってどないするのや。他でやれ! なに? 他でやっとる? じゃかあしゃい、甲子園の名前勝手に使うなドアホ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る