ブラジル出身の日系3世 魁聖一郎は霜降り牛に難儀していた

公開日: 更新日:

友綱部屋・西前頭筆頭

 ブラジル生まれの日系3世。父方の祖父母が日本人だという。

 お国柄だけにサッカーが盛んな土地だが、魁聖(31)は興味なし。「みんながやっていたからやっていたけど、うまくなかったし……」とは本人の弁だ。

 16歳で相撲に出合うと、国内では敵なし。国内の相撲選手権・無差別級で優勝経験もある。

 友綱部屋のタニマチ筋が言う。

「魁聖は『あの頃が一番楽しかった。僕にかなう人なんていませんでしたから』と話していたけど、そりゃあそうだよ。ブラジルは日系人が多いとはいえ、きちんとした相撲を教えられる指導者なんてほとんどいない。みんな、見よう見まねで相撲を取っているだけ。魁聖の腕力と体格があれば、パワーだけで圧倒できるからね。来日したのも、大相撲のビデオを見て、『なんだ、これならいける』と思い込んだから。すぐに勘違いに気づいたけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る